アイフル被害対策全国会議

視聴覚障害者の不動産担保ローン被害について提訴(高知)

提訴日:06/04/26

視聴覚に障害があり、日常会話や、文字を読むのが困難な高知県在住の70歳代の男性が、アイフルに身体障害者手帳を提示したにも拘らず適切な説明がなく、内容を理解できないまま、アイフルの親族に対する貸付金320万円の連帯保証及び及び自宅の根抵当権設定契約書(極度額520万円)に署名捺印をさせられ、その後、取立行為を受けた事案で、男性はアイフルに対し、根抵当権設定登記の抹消、連帯保証債務の不存在及び110万円の慰謝料を求めて高知地裁に提訴しました。