アイフル被害対策全国会議

日本司法書士会連合会  御中
各単位司法書士会    御中

要    請    書

2006年5月24日

アイフル被害対策全国会議
代 表 弁護士 河野  聡
事務局 弁護士 辰巳 裕規
神戸市中央区東川崎町1−3−3
神戸ハーバーランドセンタービル10階
神戸合同法律事務所内
TEL078-371-0171/Fax078-371-0175
URL:http://www.i-less.net

第1 要請の趣旨

日本司法書士会連合会及び単位司法書士会は、所属会員に対し、次の指導を徹底すること。

1 利息制限法所定の利率を超過する金銭債務を目的とする担保設定を受任してはならない。

2 担保設定等の不動産登記手続の受任に際し、委任者が、既存の債務を精算する目的で融資を受ける場合には、受任した司法書士は、その後見的な立場を自覚して、利息制限法所定の利率を超過した違法な弁済がなされることがないよう、説明及び助言をしなければならない。

以上、要請する。

第2 要請の理由

1 「おまとめローンの蔓延」

 昨今、利息制限法を超過する消費者金融等の貸付による負債を複数抱えるに至った債務者に対し、その債務群を弁済するために、返済資金を融資し、各貸金業者に一括返済させることにより、債務を「一本化」させる貸金業者の商品が広がりつつあり、俗に「おまとめローン」などと呼ばれている。

 おまとめローンは、東京スター銀行を初めとする金融機関が融資を実行するものから、高利の貸金業者や信販会社の融資部門などが融資をする場合などがあるが、いずれも、金利負担の軽減と債務の一本化による債権債務の簡明化をうたい文句にして当該商品を取り扱う事業者が増加している。

 しかしながら、こうした「おまとめローン」に対しては、次のような問題点が指摘されている。

2 「おまとめローン」の問題点

(1)利息制限法法定充当の機会の喪失

 「おまとめローン」の多くは、利息制限法を超過する約定利息による消費者金融の精算を目的として融資している。そして、おまとめ融資の際には、債務者には消費者金融に対する約定債務額を額面どおり返済させている。そうすると、既存の債務について本来であれば利息制限法による法定充当再計算を行えば、債務は約定債務額よりも必ず減少するし、取引期間が長期のものについては、債務額が大幅に減少し、場合によっては消滅し、過払金の返還を求められるものも存するにも関わらず、かかる利息制限法による再計算の機会を奪い、法的返済義務のない債務まで、「おまとめローン」による「借換」により債務負担をせしめられる点で、債務者の利益を著しく侵害している。

 なお、消費者金融に対する約定利率による返済について、最高裁が、貸金業規制法が定めるみなし弁済を否定する判決を続出していることは周知の事実である。

(2)過剰融資の危険性・多重債務の悪化の原因

 また、そもそも消費者金融複数に数百万円の債務を負担するに至ったものは、もともと返済能力を超える貸付を受けている破綻状態のものであることが多い。かような者に必要なのは、問題を先送りする「おまとめローン」による一本化ではなく弁護士等専門家による早期の法的債務処理の選択である。しかるに、一本化による金利の軽減といううたい文句にひかれ、もとより返済能力のない者が、一時的に「延命措置」を受け問題を先送りし、むしろ悪化させるにすぎない結果となる。

 仮に利息がわずかながら下がったとしても、現在行われている「おまとめローン」の金利水準は利息制限法をなお超えるものか、そうでなくとも10%を超える高金利である。既に多重債務に陥っていた者が、数百万円の負債について10%を超える高金利を支払うことなどできないのが通常であり、結局その返済のために新たな借入をするなどして、より負債を増加させるだけの結果となる公算が強い。「おまとめローン」を必要とする時期は、実は法律家による債務処理を必要とする時期なのである。

(3)保証人被害・不動産担保ローン被害の原因

 「おまとめローン」においては、保証人を要求したり、更に債務者や保証人の不動産に担保設定を要求することが多い。既述のとおり、「おまとめローン」を必要とする者は既に返済能力を超えた負債を有するものであり、「おまとめローン」による借換後も早晩返済に行き詰まることが明らかなものが多い。そうすると、貸金業者としては、もとより債務者の返済能力ではなく、保証人からの債権回収を目論んだり、債務者・保証人の不動産の売却・競売を前提とした融資となりがちとなることは容易に想像がつく。

 加えて、担保に供される不動産は債務者の自宅であることが多く、場合によっては低利の住宅ローンをも「おまとめローン」の対象とされ、「おまとめローン」は、債務者の無知と窮状に乗じて債務者の自宅等から回収することを当初から予定した、いわば略奪的な融資形態である。

3 司法書士の職責

(1)「おまとめローン」の登記手続受任の禁止

 このような多くの問題点を抱える「おまとめローン」に対し、法律家を標榜する司法書士が、登記代理人として関与している実態がある。すなわち、「おまとめローン」の融資に際し、債務者の自宅等に対し、根抵当権等の登記申請手続きを受任しているのである。

 ところで、司法書士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならないとされており(司法書士法2条)、その制度趣旨は、登記、供託及び訴訟等に関する手続の適正かつ円滑な実施に資し、もって国民の権利の保護に寄与することを目的としている(同法1条)。さらに、司法書士は、その使命が、国民の権利の擁護と公正な社会の実現にあることを自覚し、その達成に努めるものとされ(司法書士倫理1条)、信義に基づき、公正かつ誠実に職務を行わなければならない(同2条)。

 したがって、「おまとめローン」に関する登記手続きの依頼があった場合には、司法書士は、公正な立場で、究極的には国民の権利を保護することを目的として行動することが要請されている。

 さらに、司法書士は、依頼の趣旨を実現するために、的確な法律判断に基づき、説明及び助言をしなければならず(同9条)、違法若しくは不正な行為を助長してはならない(同15条)。加えて、司法書士は、依頼の趣旨が、その目的又は手段若しくは方法において不正の疑いがある場合には、事件を受任してはならないものとされ(同25条)、受任した事件に関し、相手方に代理人がないときは、その無知又は誤解に乗じて不当に不利益に陥れてはならないものとされている(同40条1項)。

 そのため、「おまとめローン」に関する担保設定の被担保債権が、利息制限法所定の利率を超過する高利のものである場合には、司法書士は、当該被担保債権が違法であり、法の保護に値しないものであること、当該債務を担保するための登記手続は不正なものであり、債務者を不利益に陥らせるおそれのあるものであることから、当該登記手続を受任してはならないのである。

 なお、特別法により定められている利息が利息制限法所定の率を超える場合においては、当該利率を利息の定めとして、抵当権設定の登記をすることができる旨の登記先例(昭29.9.14、民事甲第1,856号民事局長通達)があるが、これは、登記実行の可否について回答されたものであり、司法書士の受任の可否について回答されたものではないことに留意すべきである。むしろ、利息制限法を超過する利率を利息制限法の上限利率に置き換えて登記を申請する行為は、事実と異なる登記原因証明情報を提供することに他ならず、当該所為は、不動産登記法61条(登記原因証明情報の提供)の趣旨に反し、また、司法書士法2条、司法書士倫理54条にも反することとなる。

 また、根抵当権の登記に関しては、個々の被担保債権の内容そのものは登記に反映されることはないが、「おまとめローン」に関する根抵当権設定の登記は特定の司法書士が反復継続して受任しているという実態があり、そうであるならば、当該債権者の融資条件が利息制限法を超過したものであるか否かは、当該司法書士が経験則として周知している筈である。したがって、当事者の意思の確認の一環として、被担保債権に、法の保護に値しない利息制限法の上限利率を超過した債権が含まれることがあるのかを確認すべき義務があるものと考えられる。そして、上記のような債権が被担保債権に含まれるということであれば、やはり、当該登記手続を受任してはならないと考えられる。

(2)債務者に対する助言の義務

 司法書士は、登記手続を受任した場合には、依頼者の意思を尊重し、権利の保護を図るとともに、紛争の発生の防止に努めなければならず(同52条)、登記手続を受任し又は相談に応じる場合には、当事者間の公平を確保するように努めなければならない(同53条1項)。また、司法書士は、前述の場合においては、必要な情報を開示し、助言する等、後見的な役割を果たすように努めなければならないとされている(同53条2項)。

 「おまとめローン」の融資自体は、利息制限法の上限利率を超過するものとそうではないものがあるが、おまとめの対象となる個別の既存債務の圧倒的多数は消費者金融の違法な高金利が付されたものである。「おまとめローン」は、銀行、貸金業者ともに様々なネーミングで商品化しているが、こうした「おまとめローン」の担保設定を反復継続して受任している司法書士は、当該商品がどのような目的の融資であるのか容易に判別できる筈である。つまり、債務者が「おまとめローン」の融資を受ける目的が既存の債務を一本化して利息についても低減化を図るものであることについて司法書士は了知していると言える。さらに、債務者は、常に債務の減少を望んでいるものであるが、既存の消費者金融等の債務が違法な利息が付されたものであり、本来、支払う必要のない金額も含まれていることを知らない。一方、法律専門職である司法書士は、既存の消費者金融の債務が、利息制限法で引直計算をすれば大幅に減少し、場合によっては何ら支払う必要性もないことを知っている。

 そうすると、「おまとめローン」の登記手続を受任した司法書士は、債務者が知らないであろう上記の情報を債務者に開示し、助言するなど、後見的な役割を負っていると言える。これは、登記手続に関する当事者の「意思の確認」に当然含まれるものであり、司法書士の職責である。

 仮に、上記の理が登記手続に関する司法書士の直接の義務ではないとしても、本来支払う必要のない債務を債務者に支払わせることにより過払金が発生することが明らかであり、そこで新たな法律紛争を惹起させることになる。司法書士制度が紛争の発生を未然に防止し、国民の利益を保護するものであることに鑑みれば、上記のように、債務者が漫然と約定利息を支払う行為を黙認することは、司法書士制度に著しく反するものであり、司法書士の職責の放棄である。

4 まとめ

 以上見てきたように、「おまとめローン」に関する司法書士の執務の現状は、法が予定した制度趣旨とかけ離れた実態にあると言わざるを得ない。

 よって、私たちは、日本司法書士会連合会及び単位司法書士会が、所属会員に対し、(i) 利息制限法所定の利率を超過する金銭債務を目的とする担保設定を受任してはならないこと、(ii)担保設定等の不動産登記手続の受任に際し、委任者が、既存の債務を精算する目的で融資を受ける場合には、受任した司法書士は、その後見的な立場を自覚して、利息制限法所定の利率を超過した違法な弁済がなされることがないよう説明及び助言をしなければならないことについて、徹底した指導を行うことを要請するものである。